地ソースの旅

あらためて言いますが、

先週の金曜日と土曜日、神戸に行きました。

 

2日目はオットさんと灘高架下を歩くことにしていました。

本当は岡本まで足を伸ばしたかったのですが、

オットさんに却下され、

王子公園駅で下車して、春日野駅まで高架下を歩くことにしたのです。

 

まずは王子公園すぐそばの

チーズケーキのお店パルテンツァでお茶を飲みました。

期待もなく入ったお店でしたが、

スティック状のチーズケーキは

まるで料理上手な奥様が作ったような素朴でリッチな味わい。

 

ガイドブックにも載っていないお店でもこのクオリティ…

恐るべし神戸です。

ちなみに気を抜いていたせいか、写真は一枚もありません。

 

さて、次に気になったのがこのお店。

 

 

牛スジコロッケを買って二人で立ったまま食べました。

お肉がゴロゴロ入っていて

 

うまかったです。

 

さらに、このお店のとなり、

すごく気になったので、

裏に回って覗いてみました。

 

神戸はなんとソース発祥の地。

 

そんなわけで、

神戸には地ソースがたくさんあるとガイドブックにも書いてありました。

特にこのプリンセスソースは、

ニンニクの風味が加わり、なかなか個性的な味ですが、

さっぱりとして上品でした。

 

 

 

高架下の小さな工場でつくっています。

それだけでレア感を感じたワタクシは

さっそく

お好み焼きフリークのバンドメンバーヤンシーさんのお土産と

自宅用に2本買いました。

 

迷わずオットさんに持たせたワタクシですが、

その重量からオットさんの顔はちょっと曇りましたよ。

 

さて、高架下には個性的なお店が点在している…と

ガイドブックには書いていました。

その一つMagical Furniture

 

 

 

 

そこでポルトガル製のお弁当箱を買いました。

 

 

このお店は灘高架下のシンボル的な存在として

ガイドブックにも紹介してありました。

お店の方に灘高架下の情報をいただきましたが、

今日は土曜日だからな…みたいなことを言われ、

 

その言葉通り、行った先々でCLOSEの文字。

 

 

 

さすが、間の悪さには定評のあるワレワレ。

 

 

その後は高架下近くの

ワールドエンズ・ガーデンという古書店で

オットさんが杉浦康平の本を購入しました。

 

 

いずれお金に困らない境涯になったら、

大都会にこんなゆるいお店を持ち、

1日中、レジの横で本を読んでいたい…と思ったりもしました。

すごくイイ空気感です。

 

そんなこんなで

ベラベラしゃべりながら歩いて行くと

あっという間に春日野駅に到着しました。

 

灘高架下散策は終わります。

 

こんな風に書いてみて思ったことですが、

この日の収穫は

プリンセスソースという地ソースに出会えたことでした。

 

次回行く時は

長田の地ソース専門店「ユリア」に行って、

いろいろ買って帰りたいね…と話しましたら、

 

オットさんがさらに顔を曇らせました。

 

その顔を見て、

持って帰るのはやめて、次回は発送してもらうことにしましたよ。

 

 

荷物係への気遣いは大切ですね。

 

 

今日の1曲

忌野清志郎&三宅伸治のそして、神戸

 

 

 

 

お知らせ

 

6月10日に行われる

和みカフェはせがわの11周年イベント(11時〜16時)

似顔絵缶バッジで参加させていただきます。(1個500円)

その場で似顔絵を書いて缶バッジとしてお渡ししますよ。

 

 

今回はオットさんも助っ人で一緒に参加してくれることになりました。

主に缶バッジ制作と

nancyちゃん新作バック(3000円)を販売しますよ。

聞かれれば、彫金や石の話もします。

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

 

 

 

 

旅日記 | 23:16 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
雑踏の中でオットさんを叱る

東京旅行の続きです。

ホテルのエレベーターホールから朝の東京タワーです。

 

 

旅の最終日は原宿の雑踏から一転

人っ子一人いない真っ暗闇の我家に帰ってきました。

 

人が多いのは嫌い

並ぶのが嫌いな広島人ですが、

たまに刺激を受けに東京に行くことにしています。

今回も自分のアンテナだけを頼りに

あてもなく彷徨い疲れ果てましたが、

 

有意義な旅でした。

 

お金もいっぱい使ったし、

体力のギリギリまで歩き回ったし、

来年も頑張らざるをえません。

 

冷えきった我家も相当な寒さですが、

東京もすごく寒かった…

モコモコのコートを着て動きづらい上に

重いブーツをはいて歩いていたワレワレ。

 

歩く足取りは田舎者丸出しでした。

しかし、

オットさんが途中で、

addidasのスニーカーを買って履き替えたものだから

いきなり先へ先へと歩きだしました。

ワタクシは途中ではぐれそうになりながら、

必死でついていきましたよ。

 

しかし、

あまりの歩みの遅さと人の多さに

こりゃダメだ!!と思ったオットさんが

 

ワタクシのコートの袖をつかみグイッと引っ張るのです。

 

袖だけ引っ張られたワタクシは

まるでカカシ。

 

しかしカカシは文句を言いませんよね。

その点が違うところで、

 

キッと睨んで言いました。

 

「そういう時は手を握るもんじゃろう!!」

 

オットさんは怒られて

バツが悪そうに

しかたなく手を握ってくれました

 

が、

 

雑踏から離れるとサッと手をはなしました。

 

 

 

もう!!なんなんですかね?

 

 

 

今日の1曲

Tokyo Ska Paradise OrchestraのSkaravan

 

 

神宮前交差点の東急プラザ表参道原宿で

原宿の歴史を伝える写真展「OMOHARA写真展」が開催されていました。

 

 

エスカレーター横にて

憧れの街を歩く永瀬氏…

 

 

それにしても、

行った場所、食べたもの、風景など…
スマホを出して撮影する気もおこらないくらい寒くって、
ほとんど写真が残っておりません。
すごく残念な気分です。

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

旅日記 | 23:22 | comments(4) | trackbacks(0)| - |
nancy式脳トレ


昨日のブログで、息子のところへ押しかけたのはお話しましたね。

そう、ワタクシ、東京に行ってたのです。


東京に行くと歩き回りますし、

ついついキョロキョロしてしまい、

おのぼりさん、丸出しなので、

よく有名人を見ます。


今回も

MOMAのショップが入ったビルで

もとサッカー選手とすれ違いました。


あっあの人!と言いながら

名前が思い出せません。


あっあのルイ!ルイ!

と言うとオットさんは、「太川陽介?」


いや、違う違う。ほらサッカーの言うと、



ああ…ラモス?



そう、これは軽いですね。すぐに正解です。


しかし、その後、さらなる難問。


その数時間後、

ある青年アスリートとすれちがいました。

黒いスポーツウェアに身を包んだその人は

歩いているだけで独特のオーラを漂わせています。


しかし、

すれ違った後に、

ねぇねぇ、さっきのあの人!といっても、

そのオーラに気付いていないオットさん。


誰ねぇと聞くので、


あれ?名前なんだっけ。

走る人で、


ダイソンくん?と言うと、


すごい難しい顔をして、

そりゃ掃除機じゃろう…


もしかしたら、ケンブリッジくん?と


この難題にも即答です。


日々トンチンカンなヒントにもかかわらず、

この難しい連想ゲームで脳トレをすると

鍛えられるもんじゃのう…と思いました。


あと一年余りで銀婚式。




これから、ますます

nancy式脳トレに磨きがかかります。



 

今日の1曲

Beverly KenneyのThere Will Never Be Another You

 

 

Beverly Kenneyは6枚のアルバムを残し、

28歳の若さで亡くなった美人女性シンガーです。

 

儚げでキュート歌声が切ないですね。

 

今年もあとわずか…

まだまだ慌ただしい日は続きますが、

このお正月には古いジャズヴォーカルも楽しんでみたいな…と

思っています。

 

できないかもね…なのですが…

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

旅日記 | 22:25 | comments(4) | trackbacks(0)| - |
最後の珍道中記

小豆島、迷路の街をさまようワレワレ…

その続きです。

 

咳をしても一人…の尾崎放哉記念館を後にして、

MeiPAM4MeiPAM5に行くことにしました。

 

オットさんは

もう限界とばかりに「カフェに行こう…カフェに…」とブツブツ。

 

わかった!

見つけたら入ろう…と言いましたが、

途中で見つけることができませんでした。

 

仕方ないのでMeiPAM4

 

 

一階は雑貨屋「モノノケ堂」

なつかしい駄菓子やおもちゃ、

昭和の香りが漂うレトロな文具や雑貨が所狭しと並ぶお店です。

 

そして1階の裏と2階は展示室。

「妖怪造形大賞」の全応募作品を展示していました。

 

 

こんなのが出迎えてくれます。

 

この展示室もワレワレの貸切状態で、怪しい時間を満喫しましたよ。

 

それから

ドヨーンとした妖気にあてられ

いよいよ無口になるオットさんを気遣って、

ちょっとオシャレげな食堂でご飯を食べることにしました。

 

オットさんはココナッツのカレー

ワタクシはデリランチを頼んだのですが、

ワタクシ選んだデリが300円アップらしく、

いきなり値段が300円アップ。

 

結構な値段だな…と思ったら、飲み物をつけるという…

すごくわかりにくいシステム。

 

その上、サービスもなくセルフです。

それにしては高いな…と思いましたが、

観光地の値段ということもあるのでしょう。

 

肝心の料理は野菜が中心で、まあそこそこ…

snsを使いこなす若い人にはイイかも…ですが、

長年台所に立ってきたオバちゃんの点数は

 

辛いのです。

 

さて、腹ごなしに

いよいよ最後のMeiPAM5です。

ここに入る時、ロウソク風のライトを持たされました。

廊下を突き当たり、

暗くて細い階段を上っていきます。

階段を上がると

暗い廊下の先に闇が広がっており、

 

和室からボソボソと声が聞こえてきました。

 

オットさんが後ろで

「コレ…面白い?」と小声で聞くのですが、

それには答えず、先に進むワタクシ…

 

部屋に入ると

障子越しに猫が油をなめているシルエットが浮かび、

和室の天井には妖怪たちのたくさんの目が

ワレワレを凝視していました。

 

そして、

暗闇の奥の部屋で若い男女が寝転んでおり、

男の子は怪談を語り、

女の子が「怖い〜」と声をあげる…まさに二人の世界。

 

それをぶち壊したワレワレですが、

これは野暮だと早々に引きあげました。

 

暗闇から出ると目がチカチカです。

 

朝から数時間路地を彷徨ったこともあり、

すっかり疲れて、ひとまずカフェで一服することにしました。

 

もう広島に帰ろうか…と話していた矢先、

素敵なdmが気になって急遽行ってみることにしました。

 

島の中でも山の方です。

グーグル様に案内を頼み、15分ほどで到着。

 

ギャラリー「うすけはれ

 

 

 

こだわりの雑貨やお洋服…そしてアクセサリーを売っていました。

感じの良いご夫婦が営んでおられます。

 

ご主人が建築デザインをされているので、

古民家が素敵にリノベーションされており、居心地の良い空間。

 

 

梯子を吊るして作ったカウンターでまた一服し、

 

最後にエエところに来れてよかったねぇ〜

これで広島に帰れるねぇ〜と言いました。

 

 

 

そこから車で15分。

フェリーに乗るために土庄港に行きました。

 

するとそこに、

行きのフェリーで一緒だったアベック(死語)を見かけました。

 

行きのフェリーでは、楽しそうに語り合っていたのに、

帰りのフェリーでは無言。

特に女の子は男の子と目を合わせません。

 

車ではなかったので

移動はバスなどを利用したのでしょう。

想像するだけで大変そう…

来てみてわかったことですが、移動距離が長く

島内を回るには車が必須だと思います。

 

しかもこの暑さです。

 

これが決定的な亀裂になるのではないか…と

そんな予感さえするのでした。

 

 

無けらにゃ〜エエけど…

 

 

 

さて、なんの参考にもならない旅ブログ…

これにて終了です。

 

最後までお付き合いいただき、

本当にありがとうございました。

 

 

 

今日の1曲

Annie LennoxのFragile

 

 

男女の仲もコワレモノ…

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

 

 

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

 

 

▼ワタクシのHPができました。



↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。



↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

旅日記 | 23:26 | comments(4) | trackbacks(0)| - |
夏にするもんじゃない。迷いながらの路地巡り

小豆島の話の続き第3弾です。

 

翌朝になりました。

9時にホテルをチェックアウトして

エンジェルロードに行ってきましたよ。

 

潮の満ち干きで道が現れたり消えたりする

小豆島でも人気の観光スポットです。

 

ちょうど干潮らしいので

行ってみようということになりました。

 

駐車場もなかなかの混み具合。

引き潮だと目の前の島まで渡ることができ、
「大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶う」という

ロマンチックな場所でもあります

 

が、

 

引き潮すぎて、ただの砂浜…

 

 

大切な人が「歩く?」と嫌そうな顔で聞くので、

「いやっ結構です」と言い、

 

サンダルに入った砂のごとく、

ロマンチックをすべて払いおとしました。

 

 

お次は

エンジェルロードを出てすぐのところ、

この絵を見つけたので行って見ることにしましたよ。

 

 

迷路の街があるそうです。

 

その昔、この地域の町並みは、

海賊から島民の生活を守るため、

海風から建物や日常生活を守るため、

迷路のように複雑に路地が作られたのだとか…

 

街歩きが大好きなワレワレはワクワクして向かいました。

 

まずは迷路の街の中心部にあるMeiPAM1

ここでお金を払って入場券や通行証などもらい、

街巡り開始です。

 

 

この建物自体がちょっと変わっています。

まずドカンみたいな建物に入って螺旋階段を上がり、

 

 

バルコニーを通って蔵に入ります。

 

 

古い蔵をリノベしているので、床が…ギシギシ…

3階は作品展。

2階はおしゃれげな雑貨が置いてありました。

 

そこを出て

MeiPAM2に行きました。

 

通行証をかざして入りましたよ。

 

 

パフォーマンスの映像が流れ、写真が並べてあります。

これから先こんなアート的な作品の展示が続くのかな…

と思いましたが、

結果ココだけでした。

 

エアコンの風がきつくて、

埃っぽかったのが気になって長居できませんでした。

 

さっさと外に出たのは良いのですが、

出ると明るさと暑さにクラッ。

外は紫外線もギラギラです。

 

そんな中、お次はMeiPAM3です。

 

すでにこの時点で

どちらへ向かって進んでいるのかわからなくなりました。

手に持った地図を見ながら迷うのです。

何度も大きな道に出て「あれっ?」となりました。

 

道の反対側のバス停で、

おじいさんがそれを見て、ニヤニヤしながら何か言いましたが、

だみ声と方言で何を言っているのかわかりません。

 

それでもなんとかMeiPAM3に到着です。


 

この建物は中には入れません。

見るほどの価値があるとはとても思えないのですけど…

 

そんなわけでMeiPAMへの興味を失ったワレワレは

寄り道することにして

そこから見える三重の塔を目指しました。

 

小豆島霊場五十八番「西光寺」。

こじんまりしていますが、とても落ち着けるお寺でした。

 

そのお寺への道の看板で

近くに「尾崎放哉記念館」があることを知ったので

行ってみることにしました。

 

 

こんな看板に導かれ路地を歩き

パーンと開けた墓地の横にその建物が見えました。

 

そう、尾崎放哉が晩年に暮らした終焉の地「南郷庵」です。

 

 

余談ですが、

ワタクシが好きな句は「一日物云はず蝶の影さす」です。

頑張って仕事をした日にフッと浮かびます。

 

さて、話は戻って記念館。

 

受付の方以外ワレワレだけでしたので、

できるだけ静〜かに静〜かに資料を見ました。

 

資料の文字がよく読めないので

少ししゃがんで、

頭を前に出したその刹那

 

 

ゴン!!

 

 

静まりかえった部屋の中に何かがぶつかった音!!

 

しかしそれは何かではなく

ワタクシのおでこと展示ガラス。

 

振り向くとそこに

オットさんの引きつった顔…

受付の女性の驚いた顔…

 

すぐに赤面するワタクシ。

 

オットさんが近づいてきて言いました。

ガラスが割れんかって良かったねと。

 

あわや大惨事は免れて良かった話ですけど、

なんだか釈然としません。

 

 

 

 

明日へと続く。

 

 

 

今日の1曲

Toots Thielemans with Trijntje Oosterhuisの

I Wonder What Became Of Me

 

 

 

 

ポチッ!!と押してくれたら嬉しいけぇね。

 

広島ブログ

 

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

 

 

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

 

 

▼ワタクシのHPができました。



↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。



↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

旅日記 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0)| - |