下手も絵のうち…モリのいる場所

 

ある展覧会で

この絵を目にした昭和天皇が

「これは何歳の子が描いたのか?」と質問されました。

 

冒頭そんなシーンから始まる映画をオットさんと観に行きました。

 

熊谷守一の晩年の1日を描いた『モリのいる場所』です。

 

 

30年間自宅の庭からほとんど出ることがなかったというモリ。

 

たった1日を描くことで、

気の遠くなるような長い月日を感じることができ、

何もしていないようで、

朝から晩までずっと忙しいという、

なんとも不思議な映画でした。

 

映画の中で「受章すると人がたくさん来るから」という理由で

文化勲章の受章を辞退したりといった実際のエピソードや

「アリは左の脚の2番目から歩きはじめる」

「下手でいい。上手は先が見えちまいますから。下手も絵のうちです」の

モリの名言も散りばめられていてニンマリしました。

 

お金や名誉に執着せず、

芸術至上主義でもない、

けれど仙人と言われることを嫌う…

 

そんなところまで、

モリを演じる山努さん、妻の秀子を演じる樹木希林さんの名演技で

自然に描かれていて、とても素敵な映画でした。

 

最後に実際のモリの映像

 

 

ワタクシは豊島区の熊谷守一美術館が好きです。

設備が行き届いた立派な美術館ではないけれど、

 

まさにその場所にモリの家があった…と思うだけで、

なんとなくホッコリとするのです。

 

 

 

今日の1曲

Luciana SouzaのMorrer de Amor

 

 

Luciana Souzaはアルバムを出す都度

どんどんよくなって行きます。

 

本来の自分のやりたかった音楽に近づいているのかな…

 

そして繰り返して聞いているうちに

どんどん馴染んで行きます。

 

噛めば噛むほど味が出るスルメのような歌声。

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

映画日記 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ブレードランナー2049を観ましたよ。

今日はオットさんもワタクシも夕方まで仕事をし、

夕方から映画館に行ってきました。

 

そう、ブレードランナー2049を観に行きましたよ。

 

 

前作のブレードランナーを観たのが

35年前の懐かしいスカラ座の2階席。

 

それから

何度も

何度も

劇場に足を運びました。

 

待ちにまった映画だったので

ワクワクでした。

 

とてもとても美しいビジュアル、

前作のイメージを感じさせる音楽、

ライアン・ゴズリングのカッコ良さ、

 

感無量です。

 

細部にわたり作り込まれた世界観は

何度も観てみたい仕上がりになっていました。

 

 

そして最後にご機嫌なオットさん。

 

よく考えてみれば、

前作はオットさんと何度も観ています。

今回のブレードランナー2049もまた一緒に観ることになりそう…

 

 

 

 

今日の1曲

Frank SinatraのOne For My Baby

 

 

この歌、映画の中であるシーンで流れるのですが、

その歌詞がこんな感じ 。

 

まあ、人生なんてそんなもの。

ジョー もう店は閉めたいよな。

付き合ってくれてありがとう。長々話して悪かったね。

でもこの恋の炎を消しておかなければ

爆発しそうだったんだ

 

さて 一杯作ってくれ 俺のベイビーのために
そして俺に最後の一杯を
これからの長い旅路のために

 

 

映画の中でぜひこの歌を聞いてみてください。

 

 

 

 

お知らせ

11月23日(木・祝)のラヴィアン・ローズ〜バラ色の手作り市〜

ヤンシーさんのウクレレで歌います。

 

 

そして、そして11月25日(土)の偽レブの会

ヤンシーさんのウクレレで歌います。

 

 

12月23日ncafeでワタクシのクリスマスライブがあります。

 

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。 
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。 


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。 


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード 

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

映画日記 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ギミー・デンジャー

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

 

本日は、オットさんと一緒に

ジム・ジャームッシュ監督第二弾

「ギミー・デンジャー」を観に行きました。

 

 

イギー・ポップとジム・ジャームッシュ監督の間に

信頼関係があったからこそ誕生した

イギーが率いるバンド「ストゥージズ」の音楽ドキュメンタリーです。

 

デヴューからたった3枚のアルバムだけで解散した伝説のバンドの

華々しくも混乱に満ちた日々を、

メンバーとごくごく親しい関係者の証言を当時の映像を挟みながら綴っています。

30年後の奇跡の再結成とメンバーの死、

そして、そのステージからは想像もできない、イギーの紳士的で優しい素顔。

観ている人はストゥージズが歩んだ波乱万丈のストーリーと

イギーの人間性にだんだんと釘付けになるのでした。

 

誰にでもオススメできる映画ではありませんが、

パンク、グラムに多大な影響を与えながら、

どれでもない唯一無二の音楽性と先鋭性に感銘を受けましたし、

ショービジネスの裏側、時代背景など、かなり踏み込んだ内容で、

 

ワレワレはすごく面白かったです。

 

 

今日の1曲

The StoogesのI Wanna Be Your Dog

 

 

ギミー・デンジャー…映画のタイトルも秀逸です。

 

しかし、この年齢になると、

ギミーと言わなくても向こうから危険がやってきますし、

凡人はすぐに流されてしまいます。

 

できれば避けたいところです。

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。 
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。 


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。 


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード 

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

映画日記 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
パターソンを観に行きました。

本日は朝から頑張って仕事をして、

あっ時間がある!!と思ったので

 

夕方映画を観に行きました。

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

この映画はワタクシの大好きな永瀬正敏さんが出演されていることで、

ほんの少し話題になりました。

(我家ではビックニュースです)

 

もちろん、褒めるのはわかっていると思いますが、

実際、ものすごく良かったです。

 

ジム・ジャームッシュ監督ですから、

物語は淡々としています。

 

一言でいうと、

バスの運転手の一人の男の1週間を描いた映画です。

その主人公をアダム・ドライバーが演じているのですが、

沈黙-サイレンスの時とは違い、

ホッコリさせるムードを漂わせていて、

 

と〜ても素敵でした。

 

短い感想ですが、この映画は

 

人生を豊かにしてくれるものはそこら中にある…ということを

教えてくれましたし、

全てが水の流れのように過ぎ去っていき、

泡のように消えていく儚ないものであることを

同時に感じることができます。

 

日々の生活の中で気になった情景を、

言葉に変え、詩にしていくことで、

ありふれた日常が特別なもの変わっていく…

 

この作業を繰り返すことで

穏やかで優しく、愛にあふれた毎日を

主人公のパターソンは送っていました。

 

ああ…いいな…と思いましたよ。

とても愛おしい1本になりました。

 

 

今日の1曲

Willie WestのI'm Still A Man

 

 

劇中では歌は入ってなかったように思うのですが…

 

さらに、

ウイリアム・カーロス・ウイルアムズの「パターソン」という詩集。

謎の日本人の詩人(永瀬正敏さん)が

「翻訳はレインコートを着てシャワーを浴びてるようなものだ」と言ってましたが、

 

日本語しかわからないので

日本語版で読んでみたいと思います。

 

 

詩集を読みたい…なんて何年ぶりでしょうか…

 

 

 

お知らせ…

10月8日

東広島西条の呑んだくれ祭り

なんのひねりもない「酒祭り」で演奏することになりました。

詳細はまた、このブログにてお知らせします。

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。 
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。 


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。 


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード 

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

映画日記 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
人をダメにするソファー模様替え

 

我が家には人をダメにするソファーが三つあります。

 

そう、大型のビーズクッションです。

 

いつかはLIGNE ROSETのPLOMが欲しいのですが、

いつ買えるかわからないソファーを夢見つつ、

今回もカバーを替えてしのぎます。

 

前のカバーはすでにノビノビで

すでにソファーの体をなしていませんでした。

 

そんな時

たまたま用があって行ったニトリで

デニム調のカバーがあったので

オットさんに買っていただきました。

そう、ニトリの

お安さと流行に従順な姿勢にはいつも感服いたします。

 

そんなわけで早速カバーを替えてみましたよ。

 

インテリアとかなんとか講釈垂れるような部屋ではございませんが、

なんとなく新鮮な気持ちになりました。

 

それにしても

人をダメにするとはよく言ったものです。

ここに横になって、

口を半開きにして白目をむくことができたら

本当に幸せ。

 

ちなみに

スナック ナンシー(我家で週一開店)では

このクッションに半分体を委ね、

ダラダラとお酒を飲みくつろいでいます。

なかなかのダメ具合で潰れますよね。

 

 

 

さて、話はこれ以上膨らみようがないので、

次へと進みます。

 

今日は心そそられる映画のご紹介。

「ボンジュール アン」

 

 

広島では八丁座で公開です。

 

この予告編を見て驚いたのが

ダイアン・レインの老け方がとっても素敵だってことです。

 

胸元のあいた白いシャツ。

赤いドレス。

かっこいい大人のファッションのお手本みたい!!

 

そして、

随所に登場するおいしそうな食べ物の数々。

一層興味をそそられます。

 

この映画を撮った監督エレノア・コッポラは80歳。

コッポラファミリーですが、

なんと長編映画監督は初なのだとか…

 

わぉ!

 

 

 

広島ブログランキング頑張っております。

ポチッ!!と押してくれたら嬉しいけぇね。

 

広島ブログ

 

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

 

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

映画日記 | 21:19 | comments(2) | trackbacks(0)| - |