<< 宵越しのネタは持たねぇ | トップ | 奥さんの顔色を見よ! >>
一粒の涙とともに

 

今朝、目が覚めたらオットさんはいなくて

いつものようにマイペースで仕事をしました。

 

午後お仕事が一区切りついたところで

ベタベタお化粧を塗って、

お気に入りのcdを二枚持って、

コペンちゃんに乗り込み、

一人で三原まで出かけました。

 

 

三原って比較的近いのですが、

あまり車で行かないのでちょっとドキドキしましたよ。

 

正直、無事に行って戻れてホッとしました。

 

さて、

三原で何があったのか…と言いますと

広田和典先生の新作展があったのです。

 

 

お金を握りしめて行きたかったのですが、

握りしめるお金がありませんでした。

そんな時もあります。

 

…って言うかそんな時だらけです。

なので今回は鑑賞のみ。

 

会場で広田先生にお会いすると

「チェルノブイリに行ってきたんよ」と言われました。

チェルノブイリのスケッチ、

それから壁一面の原発の絵は圧巻でした。

 

絵も素晴らしかったのですが、

ギャラリーの音がすごく良かったので

どこから流れているのだろう…と耳をすますと

このスピーカーから流れていました。

 

 

 

何気なく聞いてみると

売ってくれると言うのですが、

 

ワタクシが買える値段ではありませんでした。

 

いつか買えるようになったら、また来ます…と

ギャラリーの社長さんに言うと、

私が生きているうちに来なさいよ…と言われました。

 

このスピーカーを褒めてくれた人はあまりいない…そうで

喜んだ社長さんと話が盛り上がり、

帰りには永平寺の胡麻豆腐をお土産にもらいました。

 

ありがとうございました。

 

家に帰ると

オットさんはすでに帰宅。

 

お互いにお土産にパンを買っていて

ちょっと笑いました。

 

…と言うことで

今日の夕飯はとりあえずパンとワインと胡麻豆腐。

 

絵の話と音楽の話とバカ話…

日曜の夜は少しゆっくりします。

 

 

今日の1曲

Gregory PorterのSmile

 

 

疲れているのだと思いますが、

ドライブしながらGregory Porterを聞いていたら

一粒の涙がポロリ。

 

感動の余韻もあったので

ブログを書きながら

youtubeでGregory Porter流していると

 

この歌が流れてきて涙がポロリ。

 

Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear may be ever so near"

喜びで顔を照らしてごらんなさい。
悲しみの跡を ぜんぶ隠してごらんなさい。
いつもすぐそばに 一粒の涙があるかもしれないけれど…

 

「SMILE」の歌詞のこの部分が大好き。

すぐにこのCDを注文しました。

 

 

人生には感動とときめきがいっぱいあります。

 

死ぬほど辛いこともありますけれど、

生きていて本当に良かった…と思えるような出来事も

その後にちゃんと用意されているものです。

 

そう、

素晴らしい出会いは

いつもすぐそばに…一粒の涙とともに…

 

 

 

お知らせ

11月23日(木・祝)のラヴィアン・ローズ〜バラ色の手作り市〜

ヤンシーさんのウクレレで歌います。

 

 

そして、そして11月25日(土)の偽レブの会

ヤンシーさんのウクレレで歌います。

 

 

12月23日ncafeでワタクシのクリスマスライブがあります。

 

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。 
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。 


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。 


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード 

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

- | 21:01 | comments(1) | trackbacks(0)| - |
コメント
日本語の歌も、エエ歌イッパイ有るケド、英語の歌って歌詞見て、唸るコト無い?コレって、日本語に訳せんケド、すんごい分かる…てコト。多分、自分なりの解釈して、自分の思いや、経験や、そう、その日の余韻とか、行間にイッパイ詰めるんぢゃと思う。特に色んな歌、歌ってるnancyは、人の何十倍も、その感覚が鋭いんぢゃと思う。エエね、この人も…。
| kei | 2017/11/13 2:05 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nancychannel3.jugem.jp/trackback/2034