<< 流血…そして1日遅れの同じお題…お菓子 | トップ | 類は友を呼び…今日も目が真っ赤 >>
子育ての思い出をめぐる日帰り旅行

JUGEMテーマ:お絵描き

 

 

昨日は山口アーツ&クラフツ

山口維新百年記念公園に行ってきました。

 

 

公園を歩いているとテニスコートが見えてきました。

 

そう、この公園は

数年前にソフトテニスの全日本インカレの試合が行われたところで

高校生だった息子と一緒に来た思い出の場所です。

 

あの日、

大学の試合ではありますが、

受験前ということで、

進学絡みで高校生とその保護者もたくさん見学に来ていました。

 

そうそう、まさにあの場所だと

オットさんとテニスコートの一角を指差しました。

 

そこで息子が進学した大学の試合が行われていて、

その印象があまりに良かったので

「この大学に行きたい!!」

「行かせたい!!」と思ったのですよね。

 

本当は山口アーツ&クラフツがメインだったのですが、

 

公園を歩いていると

だんだんと息子との思い出をめぐる旅になりました。

 

息子はレギュラーでしたが、

いろんな大学から声がかかるような

トップ選手というわけではありませんでした。

 

ですから自己推薦入試という方法で大学を受験しました。

 

推薦というと「楽に入れたのでしょ?」と言われますが、

それは大学にもよりますし、

選手のランクによって受験方法も様々で、

学科試験やセンター試験を受けるケースだってあるので、

一概に"楽"とは言えません。

 

むしろ基準がないので、土壇場でダメになることもあり、

入学が決まるまでの長い期間、

本人と保護者の心労を考えれば、

むしろ"楽"なんて言ったら怒られると思います。

 

正直ワタクシもそう言われると"ムッ"としました。

 

そんなわけで

昨年の春息子もOBになり、

月日の経つのは早いねと話しました。

 

 

さて、

山口アーツ&クラフツを見て回ったら、

今度は湯田温泉へと移動しました。

 

 

ホテルかめ福で日帰り温泉入浴です。

 

 

このホテルは

息子が部活の合宿で泊まっていました。

 

お察しの通り、

東京の大学なのに

山口県で合宿…

さらにホテルで1週間近く宿泊…と

 

下世話な話でございますが、

体育会系は本当にお金がかかるのです。

 

高校からそうでしたが、

お金に関しては

入っても出て行く、

入っても出て行くで

自分の口座は通過点に過ぎませんでした。

 

お風呂に浸かりながら考えましたが、

どんなやりくりしていたか…

どんな苦労をしていたか…

 

あまりハッキリとは思い出せません。

 

ただ、あの時は

息子が可愛いというのはもちろんですが、

負けず嫌いに火がついて、

中途半端では終われないという意地が油をそそぎ、

おっかさんパワーが燃え上がりました。

 

現在、

息子が側にいなくて寂しくはありますが、

正直母としてやり切った感はあります。

 

 

今日の1曲

Nina VidalのDon't Let Me Be Lonely

 

 

 

さて、話は変わります。

 

不慣れな湯田温泉界隈で少しウロウロしました。

 

 

"狐の足あと"という足湯カフェの前に立っていた人を

スタッフだと勘違いしたワタクシは

「駐車場はどこですか?」と訪ねてしまいました。

 

すると、その方は

そこに駐車して良いですよ…そこは同級生の駐車場なので。

私が言っておきますから…と

親切に言ってくださいました。

 

なんと!!その後に気づいたことですが、

その方はスタッフさんではなく、

本日行われた山口市議会議員選挙の候補者の方で、

まさに選挙活動"最後のお願い"の真っ只中。

 

まったく縁もゆかりもないワレワレのために

貴重な時間を使っていただきました。

 

山口市市議会選挙投票結果が気になっております。

 

当選されることを心から祈りながら

銀雪を肴にこれからビールを飲みます。

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

ただの日常 | 22:03 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
コメント
私も4年前に下の子が大学を卒業したとき、「やりきった感」であふれていました。
ところが、4年たった今年、「2年間ワーホリでロンドンに行くからお金貸して」とのことで、「1年280万円」という予算を聞かされました。。。。
子育てには「フェイント」という魔物がおりますよ。
| もものすけ | 2018/04/23 7:08 PM |

もものすけさん

ええええええぇ&#12316;マジで!!
4年前の開放感を知っているだけに、同様が隠せません。
子育てには「フェイント」

ドキドキしますよ。

実も我が家も就活で煮詰まっていた時、
バンクーバーに行く話が出てました。
忘れていてくれることを祈ります。
| nancy | 2018/04/24 12:30 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nancychannel3.jugem.jp/trackback/2195