<< 惰眠を貪りたい | トップ | 愛の不毛地帯の救世主 >>
別世界

JUGEMテーマ:お絵描き

 

 

シェルブールの雨傘を歌うことになったので

仕事をしながら聞くことにしました。

 

ジュテーム…

 

モナムール…

 

ジュテーム…

 

モナムール…

 

ジュテーム…

 

ウンザリするほどの愛の言葉にゲンナリしたので、

5回聞いたところでやめました。

 

基本的に

ジュテームと言った記憶もないし、

モナムールと囁かれたこともないので

カフェで誰かと寄り添って座ったり、

路上で誰かと見つめあったりしたことはありません。

 

そう言う場面が似合わない顔として生まれ、

そう言う場面が似合わない性格として育ち、

そう言う場面が似合わない人生を辿り、

 

現在に至ります。

 

ジュテーム…

 

モナムール…

 

ジュテーム…

 

モナムール…

 

ジュテーム…

 

ああ…別世界。

 

しかし、

この映画の内容はかなり現実的で、

あんなに愛し合っていた二人ですが、

離れている2年の間にいろいろあって、

カトリーヌ・ドヌーブ演じる美しい娘は

お金持ちで寛大な男の元に…

 

それを知った彼は一時期荒れるのですが、

そっちも幸せな家庭を築くことになるのです。

 

まるで週刊誌の記事を語ったような

下世話で大雑把な説明ですね。

 

 

シェルブールの雨傘が好きな人には

「お前に歌う資格はない!!」と言われそう…

 

 

 

 

今日の1曲

Jun MiyakeのLillies of the Valley

 

 

Jun Miyake

その横顔がかっこ良すぎてクラクラします。

 

官能と哀愁と言う

日本の音楽シーンでは絶滅寸前な世界観を

その素晴らしい音楽性とアートワークで表現してくれます。

 

…と言いながら、

一枚もCDを持っていないので、

今日は頑張ったご褒美にポチっ!

 

ちなみに

Jun Miyakeでググったら、

同姓同名のサックス奏者が出てきますから注意です。

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

ただの日常 | 21:17 | comments(6) | trackbacks(0)| - |
コメント
環境が人間を変えるとも言われますから、、パリに行くとこの言葉も似合うかと思います。
| やんじ | 2018/04/29 10:32 PM |

うわー、かっちょエエ。乾いた感じも有るね。チョッと南米っぽい…。こんなん、熱い太陽の下で裸足で踊ったら気持ちエエぢゃろうねー。日本人と言うのがウレシイ!今日も有難う!
| kei | 2018/04/30 2:56 AM |

やんじさん

そうかもしれませんね。アジア圏のウェットさの中では無理かもしれません。しかしパリって顔でもないですよね。
| nancy | 2018/04/30 8:50 PM |

keiちゃん

この曲でピナ・バウシュが踊ってます。
https://www.youtube.com/watch?v=dWIs89Pub0w
完全現場主義の職人気質の音楽家ですが、
日本脱出したのが良かったんじゃろうね。

三宅純と梅林茂の評価もっと高くても良いと思うのに…
| nancy | 2018/04/30 8:57 PM |

へー、こんな感じのダンスになるんぢゃねー。有難う。チョッと想像と違ったケド、コレもカッケー。ヴィム・ベンダースの映画なんぢゃね。梅林茂も調べた。アタシのアタマの引き出し、イッパイ有るんぢゃけど、全部、底が抜けとるみたい。入れても、保存出来ん(笑)。
| kei | 2018/05/01 12:43 AM |

keiちゃん

そうなんよ。これも素敵じゃろ?
私も底は抜けとるよ。
それでエエと思います。
何度でも何度でも新鮮な気分。最高じゃん!!
| nancy | 2018/05/02 11:48 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nancychannel3.jugem.jp/trackback/2202