<< もはや風物詩 | トップ | 旅は準備が9割 >>
人の子が ウチよりえらく 見ゆる日よ

JUGEMテーマ:お絵描き

 

 

もうちょっと前の話です。

どのくらい前になるかと言うと

 

石川遼が世間を騒がせていた頃のこと。

 

石川遼と友人の息子が同い年でした。

 

若くして稼ぎに稼ぎまくり、

その上、カッコいい好青年で、

テレビに遼くんが映るたびに「遼くんのお母さんは羨ましいわね…」と

友人は言っていたらしいです。

 

するとその息子が

 

俺らの世代は親にそう言われるけん、

石川遼のことはみんな嫌いよ…と言ったのだとか…

 

 

さて、

ウチの息子はスポーツ黄金世代の「94年組」。

大谷翔平、羽生 結弦、カープで言うと鈴木誠也…

 

言うまでもなく本当に大活躍です。

 

「お母さんは羨ましいわね…」と言うか、

このレベルまできたら、

「羨ましいなんておこがましい」と言える別世界の話。

 

しかし、人間と言うのは

ついつい別世界の話でも自分の物差しで測ろうとするものです。

 

ワタクシの物差しが1cmとするならば、

きっと大谷くんや羽生くんのお母さんは100cmくらいの物差しでしょうから

まるっきり重ならないと思うのです。

 

ただ母は息子がスポーツをやっていたと言う

その1cmの重なりだけで

 

活躍の陰でどれだけ母の苦労があっただろうか…と

勝手な想像をして

目頭を熱くし、

正直羨ましいと思ったりもしました。

 

ところが、

そんな気持ちも

息子が大学を卒業し、

就職もし、

すっかり手が離れたことで

 

少しづつ少しづつなくなっていきました。

 

子育て中に感じていた

あの羨ましさ…

そして焦り、

それが転じての妬み、そねみ

 

あのある意味

自分の性格の悪かったところは

子育ての苦しさから来るものだったのだな…と思います。

 

 

今なら比べても仕方ないのに…と言えますが、

 

 

 

子育て中は正直そんなこと言われても

ムリだったなぁ…

 

 

 

 

今日の1曲

Lizz WrightのNearness of You

 

 

この歌が大好き。

背骨がとろけそうになるような美しいメロディ。

 

ワタクシが死んだら

流してもらいたい歌の一つです。

 

どんなシワシワの顔が遺影になっていようと

構わないけれど、

流してほしい曲はあります。

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

ただの日常 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nancychannel3.jugem.jp/trackback/2212