<< 弁当は爆発だ!part27 | トップ | 母の日です。 >>
…てなわけで我家も掃除しなくちゃ

JUGEMテーマ:お絵描き

 

 

偶然なのですが、

ここ数日、身内や友人の汚部屋の話を続けて聞きました。

 

もともと掃除や片付けが
あまり上手ではなかったというのも共通点ですが、
それが加齢や病気でますますひどくなり、
それを理由にして本人がまったく動かないので
どんどん酷くなっているというもの共通点です。

 

家の中や部屋が汚いので人が寄り付かなくなり、
それで孤独が深まり性格も暗くなり…と
全く違う人の話ですが、
判で押したように人物像が重なるので驚いてしまいました。
…とそこは
まあまあ想像ができるのですが、

 

そこから先が"うーん"と唸るところです。

 

そこにつけ込んで、
それを祟りだとか呪いだとかいう人がいたり

怪しいビジネスや詐欺グループが入り込んだりして

問題はより複雑になるそうです。

 

周りにいる人間が
しっかり信頼関係を築き、部屋や家の中を片付けするのは
正直かなりハードルが高く、難しいそうなのですが、
せめて孤独にさせないように…
大変だけどつきあっていくように…と
そんな話をしました。

 

思っている以上に
身内の汚部屋問題で悩んでいる人は多いし、
トラブルもたくさんあるのですね。

 

 

さて、そんな話を聞くと
小さい頃からの掃除や片付けの習慣は
とっても大事だとつくづく思います。

 

先日のブログでも書きましたが、
ぽけっとラッキーママさんからお話をいただいて
ワタクシは子ども向けの"お掃除・お片づけの絵本"を
作るお手伝いをしました。
第二弾として紙芝居を作ったのですが、

すぐに出張授業が決まったそうです。

 

 

ノウハウがいっぱい詰まっていて大好評みたいです。

 

お仕事を通して、
たくさんの家や部屋を見てこられて
「次は子どもの教育だ」と思われたぽけっとラッキーママさん
本当に素晴らしい。

 

絵本を作るにあたり、
図書館で問い合わせたところ、
掃除や片づけの絵本はほとんどありませんでした。

 

正直驚きました。
意外にも子育てにおいて、
掃除や片づけは軽視されていたみたいなのですよね。
まともに雑巾を絞ることができない学生に会ってきて、
それも一人や二人じゃなくて、
「何とかしなければ…」と思ったそうです。
ゴミ屋敷や汚部屋が社会問題になっていることも
全く無関係だとは言えないですね。
掃除ができない…
片付けられない…
それを批判しているわけではありません。

でも、ちゃんと子どもの時に教えてもらって、
きれいになったことを褒めてもらえたら、
それが自信になって、
習慣になるのじゃないかな?
ぽけっとラッキーママさんの取り組みには大賛成
微力ながら応援し続けたいと思います。

 

今日の1曲
Samphaの(No One Knows Me) Like The Piano

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

お仕事日記 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nancychannel3.jugem.jp/trackback/2215