<< 弁当は爆発だ!!part30 | トップ | 空飛ぶ絨毯に乗って… >>
思い出は潰して捨てる

JUGEMテーマ:お絵描き

 

 

母が長年続けてきた商売をやめるというのですが、

そうなったら、

そのボロ店舗はすぐに潰して更地にする…というのです。

 

そのボロ店舗はワタクシが育った家でもあるのだけど、

実質的にはもうそこには誰も暮らしていないので、

15年以上自分の部屋だった場所に

誰も入っていません。

 

だから

自分の部屋に入る勇気などありません。

 

そこには卒業アルバムなど、

思い出の品が眠っているかもしれないのですが、

たぶんユンボで潰して、捨てられる運命でしょう。

 

50年も生きてくると

過去の思い出も朧げなのです。

 

朧げな…というか全然覚えていません。

 

しかし同級生に会うと

ワタクシが覚えてないことまで覚えていてくれて、

それがあまり嬉しくないし

褒められることではないので、

 

過去のことは忘れることにしています。

だから未練はないのです。

 

ただ、一つだけ心残りなのが

弟が子供の時に描いたシーラカンスの絵です。

 

あれは素晴らしかった。

 

絵心があると自信過剰だった姉のワタクシも驚愕の作品でした。

母はそれを大事にとっていたと思うのですが、

もう一度みたいものです。

 

弟はすでにオジさんで、

自分たち兄弟姉妹の中で今は一番まともなのですが、

幼少期のぶっ飛び具合は

のちに息子を育てる指針となりました。

おかげで

ちょっとやそっとで驚くことなかったですね。

 

そう、

そんなことを思い出すと

寂しい気持ちにならないわけではありませんが、

 

真面目に終活を考えてくれることは

ありがたいことです。

 

その気持ちに水をさして、

「やっぱり止めた」と言い出したら怖いので

さっさとワタクシの思い出とともに

 

処分してもらいましょう。

 

 

 

今日の1曲

Yasuko AgawaのSkindo-Le-Le

 

 

80年代の阿川泰子のアルバムで「SKINDO LE LE」を初めて聞き、

衝撃を受けました。

 

それからしばらく後に、クラブシーンで取り上げられるようになり、

再び脚光を浴びました。

 

Jazz Club Mix の演奏ですが、

この曲が入っているアルバムは面白いです。

 

時々思い出したように聞いています。

 

 

A Bossa Electricaのカッコイイバーション

 

 

そしてこれがオリジナルです。

 

 

まだまだジャズが泥くさかった頃

これを歌うセンス

 

素晴らしいな…と思います。

 

 

 

お知らせ

 

6月10日に行われる

和みカフェはせがわの11周年イベント(11時〜16時)

似顔絵缶バッジで参加させていただきます。(1個500円)

その場で似顔絵を書いて缶バッジとしてお渡ししますよ。

 

 

今回はオットさんも助っ人で一緒に参加してくれることになりました。

主に缶バッジ制作と

nancyちゃん新作バック(3000円)を販売しますよ。

聞かれれば、彫金や石の話もします。

 

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

ただの日常 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nancychannel3.jugem.jp/trackback/2236