<< 和みカフェはせがわ…The Party's Over | トップ | 毎度おなじみの生活の悩み >>
子どもに接すると更年期が和らぐ

JUGEMテーマ:お絵描き

 

 

今日は朝からシトシト…

気分が最高に滅入る雨の月曜日です。

 

しかし、

今日は可愛い0歳児が

寂しい田舎の我家に遊びにきてくれました。

それで一気に気分が華やぎ、

 

心があたたかくなりました。

 

そう、

ちょっと前に豊田勇蔵さんのライブで、

たまたま隣り合わせになった若いご夫婦と一緒にいたのが、

0歳児のcotohoちゃんです。

 

愛らしくて可愛くて

思わず抱っこさせてぇ〜とお願いしてしまったのです。

 

勇蔵さんも最年少のファンだ!!と言って喜んでおられましたよ。

 

ライブの間もぐずることなく

たぶんご両親の愛情がたっぷり注がれているからだろうと思いますが、

すごく落ち着いた赤ちゃんでした。

 

それで、思わず、

「似顔絵を書かせて…」とお願いしたんです。

 

あれから私の方がバタバタしていて、

時間がかかってしまったのですが、

先日似顔絵の見本を見せたら喜んでくださって、

缶バッジにしてお送りするので、住所を教えてくださいと言ったら、

隣町に行くので伺います…と。

 

そんなわけで

初対面の怪しいおばちゃんの勝手な申し出なのに、

こんな田舎までわざわざ来てくださいました。

 

cotohoちゃんは

私の描いた似顔絵よりも何倍も愛らしく、

命に満ち溢れていました。

 

成長する姿をこれからも見ていけたら良いな…

なんて思いましたよ。

 

さて、

昨日のことですが、

はせがわさんのお孫ちゃんも、

赤ちゃんの時から缶バッジを作らせてもらっています。

 

新しいバッジをつくってあげたら、

リュックにつけてそれをわざわざ見せに来てくれました。

小さなリュックには今までの缶バッジがずらり。

まるで成長記録のようです。

感激して、胸がいっぱいになりました。

 

昨日のオーダーはワンちゃんが多かったのですが、

可愛い子どもの缶バッジも作りました。

 

その中の一人が

しばらくしてまたやってきて、

「もう一つ作って」と言うのです。

 

「気に入ってくれたの?」と聞くと、

頷いてくれて、

オバちゃんはそれだけでメロメロです。

 

愛らしい子どもたちの笑顔を見ていると

たぶん母性が刺激されるのでしょう。

 

ホルモンがドバドバ出るような気がして、

更年期も一時的に和らぎます。

 

この歳になると辛いお別れもありますが、

絵をかけるおかげで、

新しい出会いもありますね。

 

そして

この缶バッジマシーン…

ちょっと高くて、どうしようか迷いましたが、

買ってよかったな…と思います。

 

皆さんにこんなに喜んでもらえるとは思いませんでした。

 

 

今日の1曲

Roberta GambariniのRainy Days And Mondays

 

 


Rainy Days And Mondays

カーペンターズの名曲です。
 

今更ながら、

歌詞を見ていると、

我々の年齢でよく聞く話…

 

特に決定的な事件も何もないんだけど
でも楽しくはない。
ご主人との愛情を感じることもできず
かといって、飛び出せない。


ただ何となく、家でくすぶっている感じ…

 

カレンの歌ではなく

Roberta Gambariniで聞くと、なんとなくしっくりきます。

 

もう一つしっくりくるバージョン

 

 

Ann Burton

派手さはないけれど、こんな雨の日にぴったりですね。

 

 

 

広島ブログで頑張っております。

よかったらポチッとお願いします。

 

広島ブログ

 

↓ついでにこちらも面白かったらポチッとよろしく。
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ 
にほんブログ村

 

 

オットさんのブログです。

銀職人のつぶやき http://ginsyokunin.blog.jp

 

▼ワタクシのHPができました。


↓nancy channel広島弁じゃけん…発売中ボチボチ売れています。


↓nancyちゃんのLINEスタンプスタンダード

 

 

ちなみに私の弁当インスタグラムです。

フォローしていただけると

とっても喜びます。

 

ただの日常 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nancychannel3.jugem.jp/trackback/2245